他人との比較に意味はない。ジョジョから学ぶ投資にも使える名言

“スティール・ボール・ラン 9巻より引用”

そうだ…オレはこれでいい。オレはこのラインでいい…オレとヴァルキリーだけのラインで…。

 

あのリンゴォ…ロードアゲインは敵だったが…一理(いちり)ある男だった。…あいつはこう言っていた。「男の世界」にこそ…真の勝利はあると…。あいつは決して「相手より先に銃を撃たなかった…」。“あえて”…だ。ヤツは「相手に先に撃たせた」。

この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう…“あえてな”。

 

「厳しい道を行く」か…厳しいな…ただし…オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく…なめらかに回転するかのような…オレとヴァルキリーだけが…「なじむ道」。

 

Dioのラインなんて見えなくていい…天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。

他人のことなんて気にしなくていい。

だってぼくはきみになれないし、きみだってぼくになる事はできない。そして僕の幸せを君の幸せと考えることもできないからね。

 

大事なのは自分なんだ。

 

他人の手法やポートフォリオなんて比較しなくていい。きみは君だけの気持ちのいい道を見つけて走り続ければいいんだ。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です