で、結局オタクの年間消費額はいくらになるの?

そもそもの発端をツイッターのこれ↓。そもそも何年も前の話題が単純にぶり返しただけなんだけど…なんで今更これがまたバズってるんだろう。

これだけ見ると「安っ!なんで!?オタクの範囲が広くなったからその分金額が薄まったんじゃないの?」くらいに見えてしまうよね。

でもまあ違う。答えは先に言うとこのツイートのリプにある。

そう、単純に手法が違うものを比べてるから全く比較になってないんだ。

2004年の調査は推計市場規模の金額を推定オタク人口で割った金額。
2014年の調査ではアンケート調査によって算出された金額。

これは…比較するもんじゃないね。なので結論をいうと

 

オタクの年間消費額を知るならとりあえず矢野研究所のを見て計算すればいい。

 

で、注意しないといけないのは、アニメを例にすると「アニオタ活動に準ずる出費」ではなく「アニメの出費」ということ

例えば、アイドルが好きで、アダルトゲームもするし、同人誌を嗜みながらさらにアニメを見るオタクの場合は189,184円になる。うん、なんかこっちのほうが現実的だな。

ちなみにアイドルオタクの金額の定義は、「コンサートチケット、CD・DVD、写真集、関連グッズ、ファンクラブの会費などのユーザー消費金額」をベースにして算出しているとのこと。

他の項目の詳細な定義も

「オタク」市場に関する調査を実施(2017 年) – 矢野経済研究所

のページのプレスリリース(←クリックするとPDFダウンロードされる)に書いてるので興味ある人は見てみるといいよー。

 

あとこれスマホゲーのガシャが入ったらどうなるんだろうね、そもそもオタクに分類される消費かと言われれば微妙だけど。ぼくも前に担当の美希のガシャで天井に行って8万近く使ってしまったし(白目)

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です