三度の食事、雨露をしのげる家があればそれでいいんじゃないかな

人生80年29000日として一人の人間が食する量はいったいいくらなのか。

劇作家の太田省吾によると、栄養士のデータを使いながら試算した結果、牛=約25頭、豚=約40頭、魚=約25000匹、卵=約21200個。トラックにして30台、野菜も入れれば東京ドームもそれほど広すぎるということにはならないのではないか。と。

この数字は何を意味するのか。一人一人もちろん違う。だけど三度の食事が全ての人に行き渡ることはなんて難しいことなんだろう。

そんなことに思いを馳せてみると現代の日本に生きることってそんなに悪いことじゃないのかもしれないね。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です