覚えておきたい!革靴の種類とブランド一覧

ビジネスマンの仕事道具ともいえる革靴。そんな革靴ですが単に「革靴!」といっても様々な種類があります。どんなブランドがあってどんな値段帯のものが売られているのか、そしてどんな国のものがあるのか。今回はその種類と各国の革靴ブランドをまとめてみました。革靴を買う際の参考になれば幸いです。

革靴の分類

革靴には大きく分けると
イギリス式、イタリア式、フランス式
の3種類があります。

メインどころ3種類

・イギリス式…堅牢・丈夫。グッドイヤーウェルト製法の靴が多いのが特徴です。質実剛健・シンプルなデザイン。

・イタリア式…マッケイ製法が多いのが特徴です。デザインの幅が大きく、アッパーの色出しなどに手間がかかっています。

・フランス式…イギリス式の堅牢さ・イタリアのデザイン(ややシック)を兼ね備えたものです。

その他

・アメリカ式…イギリス式の流れを汲む。ややカジュアル寄りなニュアンス。
・スペイン式…コストパフォーマンスに優れる。質も良い。
・ドイツ式  …実用性重視。デザインはボテっとしたものが多い。
・日本式   …職人気質からなる細かい仕上げ・作りは随一。しかしながら靴好きからは雰囲気がないとしばしば言われる。

各国の代表的ブランド

それでは革靴の種類を把握したところで各国の代表的ブランドを紹介します。

—————イギリス—————

ジョン・ロブ…世界最高峰の靴。
エドワード・グリーン…ジョンロブにも匹敵するブランド。
クロケット&ジョーンズ…日本でもかなり有名。多数のブランドのOEMも行っている。
トリッカーズ…ブーツが有名。堅牢。
チャーチ…プラダ傘下になってから大人気。まさにイギリス靴。
ガジアーノ&ガーリング

—————イタリア—————

シルバノ ラッタンツィ…言わずもがな。超有名。
アルティオリ
ステファノ ブランキーニ
サントーニ
ア テストーニ…ボロネーゼ製法。
ベッタニン&ベントゥーリ…世界で唯一のカデノン製法
エンツォ ボナフェ

—————フランス—————

ベルルッティ…靴好きなら誰しも憧れるであろう。ベネチアレザーの美しさ、デザインの斬新さ。
J.M.ウェストン…堅牢さも兼ね備えたフランス靴。
パラブーツ…可愛らしい。実用性もあり。
コルテ…色気がある。

—————アメリカ—————

オールデン…アメリカ靴といえばコレ。日本でも超有名。随一のコードバンはホーウィン社製。
アレン・エドモンズ…オールデンにひけをとらない靴。
コール・ハーン

—————スペイン—————

カルミナ…きれいな靴。コスパ良し。品質路線勝負な社長らしい。
ヤンコ…同じくコスパ良し。百貨店での取り扱いが多い。
メルミン…スペインのハンドソーン。
マグナーニ…イタリアっぽい靴。

—————日本—————

リーガル…言わずもがな。シェットランドフォックスという上位ブランドも展開。
スコッチグレイン…こちらも超有名。革靴入門に最適。
山陽山長…日本の靴職人が誇るブランド。
大塚製靴…皇室御用達。
ユニオンインペリアル…履き心地よし。

最後に

いかがでしたでしょうか、革靴は種類やブランドが多くてわかりづらい…と思っていても、イギリス式、イタリア式、フランス式などのメイン3種類から紐解いていくとなんら難しいことはありません。これを参考に足下からワンランクのお洒落を目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です