【ドラム式検討中の方必見】幅60cmのNA-VX8500Lを設置してみました!

はじめに

家の縦型洗濯機も使用していつの間にか10年が経ちました。前々から買いたいなーと思っていたドラム式洗濯機についに買い換えましたので軽くレポートします。実際置いてみた写真もありますので幅が心配…という方の参考になれば幸いです。

経緯

  1. 新製品発表前でかなり安くなっていた。
  2. 前述の通り縦型を10年使用して古くなってきたし、ドラム式を一度は使ってみたかった。
  3. ドラム式が日本で出て約12年。そろそろ各メーカもノウハウが蓄積されてドラム式洗濯機業界もそろ成熟期にはいったのでは?

という3つの理由から買い替えを決意!

どのドラム式洗濯機を買うか

今住んでいるマンションの洗濯機置き場の幅が64cm、両端を1cmの隙間を空けるとするとこの幅に入りそうなのは日立のビッグドラムスリムとパナソニックに自然と絞られることに。両メーカーともに本体幅は60cmです。プチドラムを除くと他の方でもこの2社に絞られる形になるかと思います。

NA-VX8500Lを購入

結論から言うとNA-VX8500Lを買いました。日立のビッグドラムスリムと悩んだのですが決め手は「熱交換器自動洗浄があること」でした。ドラム式洗濯機が故障する原因の一つとしてよくあるのが熱交換器の箇所なのでこれはありがたいですね!まあ日立のほうがヒーター式の乾燥方式なのでヒートポンプの熱交換器がないし、ヒーター方式で乾燥はすぐれているのでここは好みの問題でしょう。あとはヒートポンプ形式のほうが電気代も安いのが地味に嬉しいですね。

実際の設置写真

購入した次の日の朝にはもう届いて下記の感じで設置完了です!

左:設置前          右:設置後
IMG_1458 IMG_1461
実際置いてみるとやはり結構大きいです。設置前の古い洗濯機では両端にかなりのスペースがありましたがドラム式設置後は両端のスペースはそれぞれ左右1.5cmの空きになっています。ドラム式の寸法自体が幅60cmなので、設置した際に両端を1cm開けると考慮すると搬入経路・設置場所の幅が62cmあれば問題ないですね!(両端を1cm開ける理由としては消防法で可燃物=この場合は壁から1cm離す規定があるためです。)

さいごに

実際にドラム式洗濯機の設置前後をレポートしてみました。これから買う方で幅が心配…という方の不安が少しでも減れば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です